表編み込みのフィッシュボーンのやり方

表編み込みのフィッシュボーンの作り方

 

今回は編み込みフィッシュボーンの表編みのやり方の紹介です。
フィッシュボーンの編み込みの場合も2つの毛束で編んでいくので、やり方さえ覚えてしまえば大丈夫でしょう。
最初から上手くできる人は絶対にいないので、最初は汚くても全然構わないので毎日やって見る事が大事です。毎日やってるといつの間にか出来るようになるので諦めずに頑張ってみて下さい。

まず普通のフィッシュボーンのやり方から覚えたい方はこちらを見て下さい
表編みフィッシュボーン
裏編みフィッシュボーン
それでは表編み込みフィッシュボーンのやり方の解説スタートです


表編み込みフィッシュボーン01
・今回は分かりやすく頭のサイドの部分に編み込んでいきます。
・自分で実際に練習する時も、後ろの部分の髪を巻き込まない為に、写真のようにダックカールやゴムなどで留めておきましょう。
・そして、トップの方の髪を写真のように分け取ります。
・分け取る髪は幅が2センチぐらいだと最初はやりやすいと思います。

矢印_convert_20111009234318
表編み込みフィッシュボーン02
・次に分け取った毛束写真のように2つに分けます。

矢印_convert_20111009234318
表編み込みフィッシュボーン03表編み込みフィッシュボーン04
・次に写真のようにBの毛束の外側部分を分け取ります。
(Bの毛束の5分の1程度がいいです)
・分け取った外側部分の髪を手首を回転させて、Bの毛束の上を通り、Aの毛束の内側部分に持っていきます。

分け取る毛束の量がなぜ5分の1程度がいいかはこちらに載せています。
フィッシュボーンの編み目の太さの違い


矢印_convert_20111009234318
表編み込みフィッシュボーン05
・Aの毛束の内側に持ってきたらそのままAの毛束と一緒に持ちましょう。
・次はAの毛束の外側を分け取ります。


矢印_convert_20111009234318
表編み込みフィッシュボーン031
・そしてAの毛束の外側の部分を5分の1程度を写真のように分け取ります。
・分け取った外側部分の髪を写真のように手首を回転させて、Aの毛束の上を通り、Bの毛束の内側に持っていきます。

矢印_convert_20111009234318
表編み込みフィッシュボーン08
・Bの毛束の内側に持ってきたらそのままBの毛束と一緒にします。

・フィッシュボーンの編み込みも最初は、右→左と1回ずつ普通に編みます。
・1回ずつ編んだら、次から下の髪をすくっていきながらの編み込みがスタートです。
・なので、ここまでの行程はまだ編み込みではなく、普通のフィッシュボーンの作り方です。
・次から本格的に編み込みスタートです。


矢印_convert_20111009234318
編み込みフィッシュボーン032
・次は編み込む為の髪をすくい取ります。
・まず右側のBの毛束から編み込むので、Bの毛束の下の部分の髪を、写真のようにすくい取ります。
・すくい取った左側に残してある髪は、Aの毛束を編み込む時にすくい取ります。

・すくい取る時に、左手でA、Bの毛束を一緒に持っておきます。この時にA、Bの毛束が一緒にならないように注意して下さい。
・これで右手には何もない状態なのですくい取りやすいです。
・写真ですくい取る部分が、2㎝弱ぐらいとなっているのはあくまで目安です。厚めに取るほどに大きめにザックリした編み込みになります。
・今の流行だと、大きめザックリ編み込みが人気なので少し厚めの2㎝ぐらいにしました。


矢印_convert_20111009234318
表編み込みフィッシュボーン011
・左手でA、Bの毛束を一緒に持って、右手ですくい取った髪を持っている状態です。
・次に、左手で持っているBの毛束の外側部分を分け取りますね。


矢印_convert_20111009234318
表編み込みフィッシュボーン033
・次にBの毛束の外側部分を5分の1ぐらい分け取ります。
・そのまま下からすくい取った毛束と一緒にします。
・すくい取った毛束と一緒にする時に、Bの毛束も右手に持ち替えます。
・次はすくい取った部分の毛束をAの毛束に持っていきます。


矢印_convert_20111009234318
表編み込みフィッシュボーン034
・分け取って右手で持っていた毛束、をBの毛束の上を通り、写真のようにAの毛束の内側に持っていきます。
・Aの毛束の内側に持ってきたら、Aの毛束と一緒に持ちましょう。
・次はAの毛束を編み込んでいきます。


矢印_convert_20111009234318
表編み込みフィッシュボーン016
・上の写真を見て下さい。右側の丸で囲んだ部分が、今Bの毛束と一緒にして編み込んだ部分です。
・次は左の丸で囲んだ部分の髪をすくい取って、Aの毛束と一緒にして編み込んでいきます。
・この時にA、B二つの毛束は右手でまとめて持っておきましょう。


矢印_convert_20111009234318
表編み込みフィッシュボーン035
・右手でA、Bの毛束を一緒に持ちます。
・左手には、下からすくい取った毛束を持っています。
・そして、Aの毛束の外側部分の髪を分け取り、下からすくい取った毛束と一緒に持ちます。


矢印_convert_20111009234318
表編み込みフィッシュボーン036
・左手で持っている毛束を、写真のようにAの毛束の上を通して、Bの毛束の内側に持っていきましょう。
・Aの毛束の上を通す時に、Aの毛束は左手に持ち替えてからだとやりやすいです。

・ここまでA、Bの毛束を1回ずつ編み込みました。
・後はこれを交互に編み込んでいく作業です。


矢印_convert_20111009234318
表編み込みフィッシュボーン037
・後は同じ作業を繰り返すだけです。
・Aの毛束を編み込んだので、次はまた上の写真のように、Bの毛束を編み込みます。
・覚えてしまえば簡単なので、覚えるまでは練習が必要なので頑張りましょう。


矢印_convert_20111009234318
表編み込みフィッシュボーン022
・再びBの毛束を編み込んだのが上の写真です。

【おさらい】
1、B→Aの順で、普通のフィッシュボーンを1回ずつ編む
※ここでは編み込みはまだで次から編み込みスタートです。
2、B→A→B→Aの順に交互に編み込んでいく。
3、これを繰り返して毛先まで編み込む。


矢印_convert_20111009234318
表編み込みフィッシュボーン024
・耳の上まで編んできた状態です。
・ココまでが編み込みで、これから先は普通にフィッシュボーンを編んでいきましょう。


矢印_convert_20111009234318
表編み込みフィッシュボーン025
・毛先まで編んで完成です。

【まとめ】
・フィッシュボーンの完成をみるとすごい難しそうだけど、実際のやり方はそこまでは難しくはないはずです。
・最初から上手にできる人はなかなかいないので、実際に挑戦してみて汚かったとしても気にしなくて大丈夫です。やっぱり練習する事が大事なので、うまくできなくてもやっていくうちにできるようになりますので。
※美容師でも、繰り返し練習してできるようになっていますので!!
・自分の頭だと確認しながらやっているうちに手が痛くなってきたりするので、上達するコツは誰かに頭を貸してもらう事ですかね。そうすると上達が早いですよ。

《関連記事》
写真でわかるフィッシュボーンの細かさの違い
表編みフィッシュボーンの作り方
裏編みフィッシュボーンの作り方
表編みの作り方
裏編みの作り方
ゆるい編み込みの作り方(表編み)
ゆるい編み込みの作り方(裏編み)
表編みと裏編みの違いの比較画像