くるりんぱで作るルーズなダウンアレンジ

くるりんぱでで作るルーズなダウンアレンジ

 

さぁ、今回はゴムを使ったくるりんぱアレンジです。
ピンを使うより簡単にできるアレンジです。でも、慣れるまでは難しいかもしれないので練習はして下さいね。
ゴムで結ぶだけなんですが、一手間加えるだけでゴムも見えなくてかわいいアレンジになります。
ちなみに補助的にアメピンは使うんですが、そこまで難しくないです。

 


ゴムアレンジ01
・まずは全体を32ミリか38ミリのコテでザックリと巻きます。
※内巻きと外巻きを混ぜて適当に巻きます。
左右の巻き方はバラバラでも全然大丈夫です。
全体が巻けていれば問題ないです。
ちなみに上の写真は38ミリのコテで適当に巻いた状態です。


矢印_convert_20111009234318
ゴムアレンジ02
ゴムアレンジ03  ゴムアレンジ04
・次に写真のように左下の方でゴムで結びます。

・この時に注意するのが少したるませて結ぶ事です。
写真のも直接書き込みましたが、ギュッと結ばないで、頭皮から離した状態で結びます。
・このゆるく結ぶ事が非常に大切なポイントになります。


矢印_convert_20111009234318
ゴムアレンジ05  ゴムアレンジ06
・次は写真のように結んだ部分を真っ二つに分けます。
・左右の毛束の量は、ある程度均等なのがベストです。
・そして右側の写真にも矢印で説明していますが、真っ二つに分けてできた穴の部分に、下から毛束を持ってきて通します。

矢印_convert_20111009234318
ゴムアレンジ07   ゴムアレンジ08
・毛束を上に持ってきて真っ二つに分けてできた穴の部分に通してる状態です。
・写真のように上から下に向かって毛束を通します。


矢印_convert_20111009234318
ゴムアレンジ09
・毛束を通した状態です。
・簡単に説明すると、結んだ髪をクルンと一回転させた状態です。
・ここからさらに一手間加えます。


矢印_convert_20111009234318
ゴムアレンジ010   ゴムアレンジ011
・次に写真のように毛束を二つに分けて矢印で示してるように左右にグイッと引っ張ります。
・思い切り引っ張る事でゴムがギュッとキツく締まります。
・このままでもかわいいアレンジなんですが、もう少しルーズ感をだしてかわいくしていきます。


矢印_convert_20111009234318
ゴムアレンジ012 ゴムアレンジ013  
・ルーズな感じを出す為に、写真のようにゴムの部分をしっかりと押さえながら、トップの髪を少しつまんでから引き出します。
・写真の矢印で示しているゴムの結び目の部分も何カ所かつまんで引き出しましょう。

・トップの部分は4〜5カ所ぐらいでも大丈夫です。その方が見た目の立体感がでて、よりルーズな印象になります。
・結び目の部分もゴムを抑えて引き出しましょう。
・ゴムをしっかり押さえておかないと、キレイに引き出せなかったり、ゴムが緩んだり、結び目の位置がずれてしまうからです。


矢印_convert_20111009234318
完成_convert_20120518011411
ゴムアレンジ014   ゴムアレンジ015
ゴムアレンジ016   ゴムアレンジ017
・これで完成です。
・実際に使ったのはゴム1本です。ゴムだけでもやり方によってはかわいいアレンジがたくさんあります。
・この状態からシュシュを使ってあげたりしてもかわいくなりますよ。
・この状態から毛先をフィッシュボーンで編んだアレンジの写真も載せますね。


矢印_convert_20111009234318
ゴムアレンジ020
ゴムアレンジ021   ゴムアレンジ022
ゴムアレンジ023   ゴムアレンジ024

・とまぁ、完成形の状態からもさらにアレンジができちゃうわけです。
・毛先の部分は糸ゴムで結んでいます。

糸ゴムはエクステをしばる為の小道具です。
楽天やアマゾンでも『糸ゴム』で検索すれば出てきますので。
手芸屋でも扱っているお店あります。
【まとめ】
アレンジはアイデア次第で無限にできます。
柔軟な考えができればもっとたくさんの簡単でかわいいアレンジができるでしょう。
ピアスやネックレスをヘアアクセとして使うやり方もその1つですね。
という事で一般の人が自分でも簡単にできるアレンジのやり方をもっと模索していきますので。



《関連記事》

ゴムとバレッタを使った簡単ハーフアップアレンジ

くるりんぱでハーフアップ