基本のお団子の作り方

基本のお団子の作り方

まずは基本のオーソドックスなお団子を覚えましょう。
基本のお団子ができるようになればアレンジを加えたお団子もできるようになりますよ。

基本のお団子01
まずは頭のてっぺんで一本に縛ります。
※キレイに縛るコツは表面にワックスなどを付けるといいですよ。

矢印_convert_20111009234318
 

基本のお団子02
続いて毛束を上に引っぱり逆毛をいれます。
逆毛は後ろではなく写真の様に前に入れましょう。
※逆毛をしっかりいれるには持っている毛束をしっかりと上に引っ張るといいですよ。
逆毛を入れる事でボリュームが出て、お団子の形が作りやすくなるんです。

矢印_convert_20111009234318

基本のお団子03
逆毛を入れた毛束を少しねじりながら矢印の方向に持っていきます。
※ポイントはねじりながらです。そしてココでアメピンで固定します。
この時にお団子の大きさを調整するんですが、逆毛を入れてた事で大きさや、形の調整がやりやすくなります。

矢印_convert_20111009234318

基本のお団子04
上の③の写真を横からみるとこんな感じです。アメピンでしかっり固定しましょう。
※アメピン一本で不安だなぁと思ったら2〜3本使っても大丈夫です。

【ポイント】
お団子をキレイに作るには根元の方から 少しずつアメピンで固定します。
そうすれば変に浮いたりしにくいのです。

 

矢印_convert_20111009234318

基本のお団子05
上の④の写真でアメピンで固定するとこんな感じです。
このように根元⇒中間⇒毛先の順番でアメピンで固定していくとキレイな形になります。

矢印_convert_20111009234318
 

基本のお団子06   基本のお団子07
残りの毛束をねじりながら矢印の方向に回転させていきます。そしてこの位置でアメピンで固定します。
⑦の写真は⑥の写真を角度を変えた写真です。
右手にアメピンを持って毛束を固定しています。
※ココでも毛束がしっかり固定できるか不安だったらアメピンを2〜3本使っても大丈夫ですよ。

矢印_convert_20111009234318

基本のお団子08
上の⑥、⑦の写真でアメピンで固定するとこんな感じになります。
毛先が少し飛び出てるのであとはコレをお団子の中にしまい込んでアメピンで固定しちゃえば完成です。

矢印_convert_20111009234318
完成_convert_20111114151724
IMG_0010 IMG_0012
さぁみなさん、うまくできましたか?
最初はうまくできなくても大丈夫です。
何回か練習してみればうまくなるはずなので!!

【すんごい重要な事】

お団子をつくる時にどうしてもやりがちなのが、最初に毛束を全部ねじりながら丸めて、お団子の形を作ってからアメピンでとめていくやり方です。
しかーーーし!!このやり方だと、どうしてもお団子の形が崩れやすくなるんです!!!
よくあるのがなんだかボコってお団子が浮いちゃう!!やっちゃう人多いですよね?
なのでココで解説したように根元に近い毛束から少しづつアメピンで固定すれば浮いたりしないのです!!

《関連記事》
ねじピンの使い方
アメピンの使い方
アメピンを使ってサイドに寄せるアレンジ(初級)
アメピンを使ってハーフアップのやり方
アメピンを使った夜会巻きアップのやり方
三つ編みを使ったお団子の作り方Part1(中級)
三つ編みを使ったお団子の作り方Part2(中級)
三つ編みを使い下の方にお団子の作り方
ポンパの作り方
逆毛の立て方