編み込みアレンジ 編み込みのやり方(裏編み)

編み込み(裏編み)の作り方

編み込みが作りたいけど全然わからない!!そんな方は多いですよね?
今回はなんとか頑張って写真と文章で編み込みの作り方を紹介します。
ちなみに編み込みには表編みと裏編みがあるんです!!
今回は裏編みの作り方を紹介していきますよーー。
一般的には裏編みの方が人気はあります。

それでは解説スタート

裏編み01   裏編み02
まずは写真①のように編み込みたい部分の毛を分けておきます。
※編み込まない部分の毛は邪魔にならないようにクリップやゴムでとめておくのがいいです。
次に写真②のように編み込みをスタートさせる部分の毛束をとりましょう。
矢印_convert_20111009234318

裏編み03   裏編み04
まずは三つ編みと一緒で写真③のように毛束を3つに分けましょう。
ココからが本番なんでみなさん集中していきますよーー!!
写真④のように最初はCの毛をBの下を通して真ん中に持ってきます。

矢印_convert_20111009234318
裏編み05   裏編み06
続いて写真⑤のようにAの毛をCの下を通して真ん中に持ってきます。
左右の毛を交互に真ん中に持ってくるので次はBの毛を真ん中に持ってくる番です。
Bの毛を持ってくる前に、下にある部分の毛束をすくいとってBの毛と一緒にします。
※写真⑥のように下の毛をすくいとりましょう。
それでは次にすすむので下の写真に進みます。

矢印_convert_20111009234318
裏編み07  裏編み08
⑥から⑦の写真をよく見て下さい。すくいとった毛をBと一緒にしているトコロです。
下の毛をすくいとりBと一緒にしたらAの毛束の下を通してBの毛束を真ん中に持ってきましょう。
左右の毛を交互にもってくるので次はCの毛を真ん中にもってくる番です。

それでは下の写真に進みます

矢印_convert_20111009234318
裏編み09  裏編み10
⑨の写真はさっきBの毛を真ん中にもってきた状態です。
⑩の写真を見て下さい。Cの毛をBの下に通してる状態です。

【ポイント】
⑩の写真のように右手で全ての毛束をもっていると下の毛をすくいとりやすいです。

矢印_convert_20111009234318
裏編み11  裏編み12
⑪の写真は上の⑩の写真からの続きで⑩の丸で囲んだ部分の毛をすくいとったらCの毛と一緒にします。
⑫の写真が一緒にした状態です。
⑫の写真までできたら後はこれを繰り返すだけです。

【とっても大事なポイント】
細かく説明してきたので頭の中がウォォォォォーーってなった人ごめんなさい!!
ココで簡単におさらいです。
1、三つ編みと一緒で左右の毛を交互に真ん中にもってくる。
2、最初は左右の毛を1回づつ真ん中にもってきて、2回目に左右の毛を真ん中にもってくるトコロから下の毛をすくっていく。
3、裏編みは左右の毛を真ん中にもってくる時、必ず下を通してもってくる。
4、コレをあとは毛先まで繰り返す。

矢印_convert_20111009234318
裏編み13  裏編み14
⑬の写真は⑫の写真からの続きでそのまま編んできた状態です。
そして⑭の写真のように毛先まで編んでいきましょう。

【最後に一言】
写真と文章だけで編み込みのやり方を伝えるのが難しくて・・・なんとか伝わってればいいんですが!!
何回か写真を見ながら練習すれば理解できるとおもいます。
ちなみにうまくなるコツは他のひとの頭でやってみるといいですよ。
最初はゆっくりやるしかないので、自分の頭でやってると腕が疲れてきちゃうので!!
他の人の頭で練習してると理解すりのが早いので!!
それから自分の頭でやってみるといいです。
うまくなるには練習あるのみです!!!!

※ゆるくてルーズな編み込みの作り方はコチラにやり方がありますので裏編みができる方は参考にしてみて下さい

《関連記事》
表編みと裏編みの違いの比較画像
表編みの作り方
ゆるい編み込みの作り方(表編み)
ゆるい編み込みの作り方(裏編み)
自分でできる編み込みカチューシャ(編み込み編)
三つ編みでできる編み込みカチューシャ
編み込みアレンジ(初級)
ワンポイント編み込みアレンジ
編み込みアレンジ(中級)
編み込みアップのやり方(初級編)
編み込みアップのやり方(上級編)
三つ編みでお団子
スカーフを使った編み込みアレンジ