巻き髪ロング ゆる巻きヘアーの作り方

コテでゆる巻きヘアーの作り方

今回は38ミリのコテを使ってゆる巻きの作り方を紹介します。
ゆる巻きやりたいけど巻き方や何ミリのコテを使っていいかわからない人も多いでしょう。
内巻き、外巻きのやり方、どの辺りから巻くからなど細かく紹介しますね。


ゆる巻きNo2_01
今回は今っぽい感じのカットスタイルでレイヤーがあまり入ってない髪で巻いていきます。

矢印_convert_20111009234318
ゆる巻きNo2_02  ゆる巻きNo2_03
まずは毛束を4つに分けておいて巻きやすい状態にします。
まずはセンターで2つに分けて、次に耳の後ろぐらいで分けて4つにしましょう。髪を4等分しておくと巻きやすくなります。ダックカールで髪を留めておいたり、ゴムで縛っておくとコテで巻く時に余計な毛を巻き込まずにやりやすいです。

矢印_convert_20111009234318
ゆる巻きNo2_04
まずは後ろから巻いていきます。
後ろの左側から巻きます。後ろは写真のように横に3つに分けて巻きます。

矢印_convert_20111009234318
ゆる巻きNo2_05  ゆる巻きNo2_06
後ろの3段に分けた部分を外巻き⇒内巻き⇒内巻きで巻いていきます。コテの方向は真横にします。真横で巻くとふんわりとボリュームが出やすくなるからです。
写真のように中間ぐらいからコテをいれて、少しずつ毛先まで巻いていきます。だいたい2回転ぐらいさせる感じです。

【ポイント】
コテを縦にして巻くとちょっと古い感じの縦カールになってふんわり感もでないのです。コテを横にしてまく事でゆるふわ感が出るんです。巻き髪で重要なのがコテをどんな角度で巻くかが結構大事なんです。自分で巻く時、左右が同じにならない事があると思うんですが、鏡で左右のコテの角度が合ってるか確認しながら巻いて下さい。

矢印_convert_20111009234318

前から見た状態
ゆる巻きNo2_07_convert_20111102152915
横から見た状態

IMG_ゆる巻きNo2_08+_convert_20111022001029
⑥の写真でコテを中間からいれましたよね?そのまま外巻きで巻いていく感じが上の⑦の写真です。コテを回転させてるのがわかりますよね?そのまま毛先まで巻いて下さい。
※コテは必ず真横にして巻いて下さい。

矢印_convert_20111009234318

ゆる巻きNo2_09
コテを真横にして外巻きに2回転させた状態の写真です。
同じような感じになりましたか?次は後ろの2段目を巻いていきますよ。

矢印_convert_20111009234318
ゆる巻きNo3_04
IMG_ゆる巻きNo2_12     IMG_ゆる巻きNo2_13
次は後ろの3つに分けた部分の2段目を内巻きで巻いていきます。ココもコテは真横にして巻いていきます。
写真のように中間ぐらいにコテを入れてから2回転ぐらいさせます。

矢印_convert_20111009234318

前から見た状態
ゆる巻きNo2_14_convert_20111102152956
横から見た状態

IMG_ゆる巻きNo2_15_convert_20111022011832
中間からコテを入れたら写真のようにくるっと毛先まで巻いていきます。
外巻きから内巻きに変わっただけなんで巻く方向だけ間違えないようにして下さい。

矢印_convert_20111009234318

ゆる巻きNo2_16
内巻きに巻いた状態です。
ココも2回転ぐらいしか巻いてないので巻くとこんな感じなんです。

矢印_convert_20111009234318

ゆる巻きNo2_17
3段に分けた一番トップの部分も同じ感じで内巻きに巻いていきます。

矢印_convert_20111009234318

ゆる巻きNo2_18
トップも内巻きに巻いて後ろの片側部分がこれで巻き終わりました。
巻いてる部分がアゴよろ下にきているのがベストな状態です。

矢印_convert_20111009234318
ゆる巻きNo2_19  IMG_ゆる巻きNo2_20
次はサイドを巻いていきます。サイドは2段に分けてまきます。写真のように2つに分けましょう。

矢印_convert_20111009234318
ゆる巻きNo2_22  IMG_ゆる巻きNo2_23
分けた毛束は内巻きで巻きます。ココもコテは真横にして巻いていきましょう。サイドはアゴよりもしたにカールがくるように注意して巻きます。

矢印_convert_20111009234318

ゆる巻きNo2_24
サイドの一段目を巻いた状態です。カールがアゴよりも下にきてますよね?

矢印_convert_20111009234318
ゆる巻きNo2_25  IMG_ゆる巻きNo2_26
サイドの2段目を巻きます。
ココは軽く巻くようにしましょう。コテに髪を巻き込んだらそんなに時間を置かないでコテから外しましょう。

【ポイント】
なぜ最後は軽くしか巻かないかというと後から巻き直すからなんです。サイドの表面の部分の巻き具合が結局全体の仕上がりに影響するからなんです。まずは軽く巻いてから後からポイントで毛束を取って巻き直すといい感じに仕上がります。

矢印_convert_20111009234318
ゆる巻きNo2_27
IMG_ゆる巻きNo2_28    IMG_ゆる巻きNo2_29
トップの部分の髪を写真ぐらいの少量を取ってランダムに巻いてあげるとフワッとした仕上がりになるんです。ポイントで何カ所か巻いてあげるだけで十分なんです。
まずは外巻きに巻きます(ここの部分はランダムでいいので内巻きでもOKです)

【ポイント】
トップの部分のみコテの角度を縦か斜めぐらいで巻きます。この部分をコテを横にして巻いてしまうと横に広がった仕上がりになってしまうんです!!

矢印_convert_20111009234318
ゆる巻きNo2_30
IMG_ゆる巻きNo2_31   IMG_ゆる巻きNo2_32
続いて外巻きに巻いた部分より少し後ろの髪を取って今度は内巻きに巻きます。ここもコテの角度は縦か斜めぐらいで巻きましょう。
トップは2〜3カ所ぐらいポイントで巻けば十分です。それ以上巻くとボリュームが出過ぎるので注意して下さい。
矢印_convert_20111009234318

ゆる巻きNo2_33
これで片側が巻き終わりました。同じ要領で逆側も巻いていきましょう。

矢印_convert_20111009234318
IMG_ゆる巻きNo2_34
逆側も巻いた状態です。これだけだといかにも巻きました!!って感じなのでこれを崩してナチュラルなフワッとした感じにします。

矢印_convert_20111009234318
IMG_ゆる巻きNo2_35_convert_20111022030835
写真のように手グシでカールを崩しましょう。こうする事でナチュラルな巻きになります。

矢印_convert_20111009234318
完成_convert_20111114151724
IMG_ゆる巻きNo2_37
これで完成です。手グシで崩した事のよってナチュラルな感じになりました。

【まとめ】
細かく説明したのでかなり長い説明になってしまいました!!
最近のゆるふわな巻き髪はコテの角度と髪のどの辺りから巻くかが重要なんです!!最初は左右が同じに巻けなかったりすると思いますが慣れてくれば必ず巻けるようになります。ここで説明した巻き方が全てではないので自分でアレンジして巻いてみたりもアリです。

《関連記事》
はねピンの使い方
前髪のセルフカットのやり方
前髪をストレートアイロンでスタイリングのやり方
ロールブラシを使った内巻きブローのやり方
ストレートアイロンを使ってフワッとした内巻きボブのやり方
コテを使ってボブをフワッと作るやり方
パーマを内巻きにするスタイリングのやり方
コテでランダムに巻いたようなパーマのスタイリングのやり方
簡単巻き髪のやり方(ミディアム)
ゆるい巻き髪(ロング)のやり方
ゆるい巻き髪(セミロング)のやり方
ヘアクリップを使った簡単夜会アップのやり方