ボブアレンジ(ストレートアイロン)

ボブでストレートアイロンを使ったスタイリング

ボブのアレンジといかストレートアイロンを使ったスタイリングの紹介です。
今回はカチューシャも使ってみました。ボブだといつも同じで飽きてしまうし、アレンジも長さ的に難しいと思っている人多いですよね?ストレートアイロンならそんなに難しくないし、カチューシャも使えばかわいくなります。
ストレートアイロンもただ内巻きにする分けではなく、フワッとしたスタイリングのやり方を紹介します。


ストレート01
  IMG_ストレート02
まずは先にカチューシャを付けちゃいます。
※カチューシャは先につけてしまった方がやりやすいです。

矢印_convert_20111009234318
ストレート04  IMG_ストレート05
カチューシャより下の髪は毛先を内巻きにしておきます。
他の髪を巻き込まないように上で髪を留めておくといいです。

矢印_convert_20111009234318
ストレート06
IMG_ストレート07    IMG_ストレート08

上で留めておいた毛束を写真のように横に2つに分けます。2つに分けたら上の毛束はまた留めておきましょう。

矢印_convert_20111009234318
ストレート13_convert_20111103005839
ここから本番です!!アイロンの角度が重要になってきます。
アイロンは根元の方からやっていきます。写真を見ればわかると思いますが、大きい丸を描くようにアイロンをやります。根元⇒中間⇒毛先で髪とアイロンの角度が変わってるのはわかりますか?
根元の時は髪も上に持ちあげて少しずつ髪も下に持ってきて、それに合わせてアイロンの角度も下げていきます。

こうするとフンワリなるんです。ストレートアイロンだけでも色々な使い方があるんですよ。

矢印_convert_20111009234318
ストレート12
写真の矢印の部分がはねてますよね?ここも内巻きにしていきます。

矢印_convert_20111009234318
ストレート17
IMG_ストレート15    IMG_ストレート16
⑤で外にはねていた部分を内巻きにします。後ろの髪なのでヤケドするといけないのでここは毛先が内巻きになればOKです。

矢印_convert_20111009234318
IMG_ストレート19    IMG_ストレート18
はねていた部分がこれで内巻きになりました。写真をみればフワッとした内巻きになってるのがわかりますか?次はトップの毛束をフンワリさせていきます。

矢印_convert_20111009234318
ストレート20
トップのブロッキングの取り方が写真に載ってますよね?写真のように少し斜めに分け取ります。トップは3つぐらいに分けてアイロンをやります。

矢印_convert_20111009234318
ストレート21  IMG_ストレート22
トップも根元⇒中間⇒毛先の順番で大きい丸を描くようにやりましょう。

矢印_convert_20111009234318
ストレート23  IMG_ストレート24
トップは3つぐらいに分けてアイロンをやると言いましたよね?なので残りの毛束を写真のように斜めに分けて2つにしましょう。そしてココも根元から大きい丸を描くようにアイロンをやったら完成です。

矢印_convert_20111009234318
完成_convert_20111114151724
IMG_ストレート28    IMG_ストレート25
IMG_ストレート26    IMG_ストレート27

【まとめ】
どのようにカットしてるかによって若干仕上がりは変わってくるんですが、レイヤーが入ってる人にはおすすめです。ショートボブでトップが短い人なんかはクラシックな仕上がりがクラシックな感じになっていいですよ。
ストレートアイロンも使い方によっていろんなスタイリングができるんです。

《関連記事》
はねピンの使い方
ストレートアイロンで前髪のスタイリングのやり方
ロールブラシを使った内巻きブローのやり方
コテを使ってボブをフワッと作るやり方
パーマを内巻きにするスタイリングのやり方
コテでランダムに巻いたようなパーマのスタイリングのやり方
ゆるい巻き髪(ミディアム)のやり方
ゆるい巻き髪(セミロング)のやり方
ゆるい巻き髪(ロング)のやり方