ゆるくてルーズな表編みの作り方

ゆるくてルーズな表編みの作り方

 

まず表編みができないといけないので表編みができない方は
コチラ
を見て表編みの作り方を覚えましょう。

 

ゆるくてルーズな編み込みをやりたいけどなんだかできない人は是非これで覚えて下さい。
ゆるい編み込みは表編みと裏編みでは結構違うので好みの方でやるのがいいかもしれないです

ルーズ表編み01
まずは表編みを作ります。
毛先は崩れないようにピンで固定したりゴムで縛っておくのがいいです。


矢印_convert_20111009234318
ルーズ表編み02  ルーズ表編み03
編み込みを作ったら毛先の方から編んでる部分を広げていきます。

広げる時の注意点が編み目を平に伸ばしていくイメージでやりましょう。
根元の方から広げようと思っても編んでいるのでうまく広がらないで無理に引っ張って失敗しやすいので毛先から広げていきます。


矢印_convert_20111009234318
ルーズ表編み04  ルーズ表編み05
上の写真の様に実際に編み込まれている部分は広げ過ぎないようにしましょう。

表編みの場合は編み込まれている部分を広げ過ぎるとボリュームが出過ぎてバランスが悪くなるので少し髪を引っ張り出すぐらいで大丈夫です。


矢印_convert_20111009234318
ルーズ表編み07  ルーズ表編み08
違いがわかりますか?
広げ具合などは色々試して自分のお気に入りを見つけるのがいいでしょう。

《関連記事》
表編みと裏編みの違いの比較画像
表編みの作り方
裏編みの作り方
ゆるい編み込みの作り方(裏編み)
自分でできる編み込みカチューシャ(編み込み編)
三つ編みでできる編み込みカチューシャ
編み込みアレンジ(初級)
ワンポイント編み込みアレンジ
編み込みアレンジ(中級)
三つ編みでお団子