裏編みのフィッシュボーンの作り方

裏編みのフィッシュボーンの作り方
フィッシュボーンにも裏編みと表編みがあります。
今回は裏編みのフィッシュボーンの作り方の紹介です。
表編みと裏編みのどちらが好きかは完全に好みになるので、自分で実際に作ってみたり、画像で見比べて好みの方から練習するのもおすすめです。
表編みのフィッシュボーンの作り方はチラになります。

 


裏フィッシュボーン01

・まず写真のように毛束を二つに分けます。

※三つ編みは三つに分けますが、フィッシュボーンは二つの毛束で作るのでちょっと楽です。


矢印_convert_20111009234318
裏フィッシュボーン14

・二つに分けたらBの毛束の一番外側を分け取ります。

※この時にBの毛束の五分の一ぐらいの量で大丈夫です。
外側の毛をあまりたくさんとりすぎてしまうときれいなフィッシュボーンにならないからです。

・分け取った毛束を写真のように手首を回転させて、Bの毛束の下を通るようにしてAの毛束に持っていきます。

分け取る毛束の量がなぜ5分の1程度がいいかはこちらに載せています。
フィッシュボーンの編み目の太さの違い

 


矢印_convert_20111009234318
裏フィッシュボーン15

・Bで分け取った毛束をAの毛束と一緒にします。
・写真のようにAの毛束の内側にくるようにするのがいいでしょう。<br/>


矢印_convert_20111009234318
裏フィッシュボーン16

・次はAの毛束の外側を分け取ります。
※この時もAの毛束の五分の一ぐらいがいいです。
・分け取った毛束をAの毛束の下をくぐらせてBの毛束へと持っていきます。


矢印_convert_20111009234318
裏フィッシュボーン17

・Aの毛束の下をくぐらせてBの毛束へと持って来たら、写真のようにBの毛束の内側にくるようにしましょう。

あとは、また最初の手順に戻ります。
Bの毛束の外側を分け取る→Bの毛束の下をくぐらせてAの毛束へと持って行く→Aの毛束の外側を分け取る
といった感じに同じ作業を繰り返していきます。

 


矢印_convert_20111009234318
裏フィッシュボーン13

・そして毛先まで編んでいけば完成です。

【注意点】
・フィッシュボーンは三つ編みと違って二つの毛束で編んでいくのでそこまで難しく考えなくても大丈夫です。
・外側の取り分ける毛の量が多いと三つ編みに近い見た目になってしまいます。よりフィッシュボーンっぽく見せたい場合は、取り分ける毛の量を少なくするのがいいでしょう。その辺は実際に何回か編んでみて、自分の好みの感じを見つけるのがいいと思います。

《関連記事》
表編みフィッシュボーンの作り方
フィッシュボーンの細かさの違い
表編み込み・フィッシュボーンのやり方
表編みの作り方
裏編みの作り方
ゆるい編み込みの作り方(表編み)
ゆるい編み込みの作り方(裏編み)
表編みと裏編みの違いの比較画像